ミントの葉

抜け毛予防対策は、まずシャンプーとドライヤーからではないだろうか?

ミントの葉

40代のサラリーマンブロガーです。

新型コロナウイルスで、大変な世の中になってしまいました。

どの業種の人も、とつてもないストレスを感じていると思います。

僕ももそう。

外勤営業のため、全く思うように仕事ができない状況です。

当然のように、給料はカットされ・・・。

ただでさえカツカツのところに、この追い打ち・・・。

お金は貯まらず、たまるのはストレス・・・。

男性のストレスの現れといえば、抜け毛。

今は抜け毛で困っている人も、多いのではないでしょうか。

ということで、

今回は僕が実体験したお金をかけない抜け毛予防対策をご紹介。

ちょっとした、身近な完全です。

身近な抜け毛予防対策は、毎日使うものにあった

PROTECTの文字 画像

30代中盤の頃、抜け毛が多い時期がありました。

毛が生え変わる周期と自分に言い聞かせていましたが、不安が拭えない日々。

これは何か対策をしなくてはならないなぁ、と考えました。

しかし、対策にかけるお金はありません。

日々の生活内容を変えずに、出来る可能な対策を考えました。

そこでたどり着いた予防対策は、

シャンプーとドライヤーを変えること。

まぁ、対策と呼べるほど立派なことでは、ありませんが・・・。

身近なところで、予防対策をしてみようと考えました。

生活リズムは、一切変えずに。

お酒も辞めていません。

時間もお金も消費せずに、出来る対策で初めてみました。

シャンプーとドライヤーを変えた結果、抜け毛が止まった」

普通にドラッグストアで売っているシャンプーと、ヨドバシカメラで購入した市販のドライヤー。

その効果は、ありました。

気になっていた抜け毛が、止まったんです。

たまたま抜け毛が多かった時期だった、かも知れません。

筆者は抜け毛の専門家ではないので、専門的なことはわかりませんが、抜け毛が止まったのは事実。

それ以来の約10年近く同じシャンプー、ドライヤーを使い続けています。

ドライヤーは壊れたので、新型に一度買い替えましたが。

シャンプーとドライヤーの種類と使用方法

使用しているシャンプーと、ドライヤーを紹介します。

使用方法と、使用した感想も。

シャンプー

使用しているシャンプーは

サクセス薬用シャンプーです。

安いシャンプーに比べれば多少高めですが、800円くらいですので想定内でしょう。

筆者は普段ワックスで髪型をセットしているので、まずワックスを落とすために安めのシャンプー「メリット」で2回髪の毛を洗います。

頭皮でなく、髪の毛を洗うイメージでワックスを落とします。

髪の毛をメリットで洗った後に、サクセスで頭皮を洗うイメージで洗います。

メリットで2回、サクセスで1回の合計3回洗髪。

ワックスを使用しない日はメリット1回、サクセス1回の計2回です。

ドライヤー

ドライヤーって、乾けばいいと思ってませんか?

特に短髪の髪型なら、速攻で乾きますし。

ドライヤーなんてどれも一緒だろう。

女性の髪型なら、いいドライヤー使えば効果あるだろけど。

そう考えてました。

今までは安物のドライヤーを使用していましたが、妻が良いものが欲しいとのことで、そこそこ値段のするドライヤーを購入。

そのドライヤーを使用してみると、

髪の潤いと乾燥スピードが全然ちがうんです。

筆者はイチローくらいの短髪ですが、

髪の毛の潤いがわかるんです。

頭皮にダメージがないのが、わかるんです。

価格は安いドライヤーの3倍くらいしますが、その価値は間違いなくあり。

ドライヤーは毎日使うものです。

髪や頭皮へのダメージが少ないほうが、いいに決まってます。

逆に短髪の方が、ドライヤーは注意すべきなのです。

長髪に比べ、地肌に直接熱風が当たりやすいので。

購入したドライヤーはパナソニック製の製品。

使ってもらえばわかります。

髪と頭皮へのいたわりが、安物のドライヤーとは全然違いますから。

まとめ

ミントの葉

抜け毛や薄毛対策であれば、本来なら専門医に相談したり育毛剤等のやり方が正しいのでしょう。

しかしちょっとした身近な事から、変えることも必要だと思います。

シャンプーなんてもっと高価で、より抜け毛に効果がある製品もあるでしょう。

ただ消耗品ですので、そこまでお金をかけられないのが現実。

金銭的に余裕のある方は、高価なもので試していいと思いますが。

ドライヤーは長く使う電化製品ですので、良いものが間違いなく良い。

シャンプーやドライヤーは、毎日使用する必需品ですよね。

どうせ必要なのですから、意識して購入してみてください。

スポンサーリンク