貯金から芽が出るイメージ画像

これからは本業✕副業が当たり前に。おすすめな副業の探し方と始め方

貯金から芽が出るイメージ画像

新型コロナウイルスにより、今までのように仕事が出来ない状況となってしまいました。

早く終息することを、願うばかりです。

短期終息に越したことはないですが、どう考えても終息には時間がかかるでしょう。

飲食業やサービス業界はとてつもない被害が発生していますが、一般企業や大手企業にもジワジワとダメージが蓄積されてきています。

企業の体力が持たなければ会社は倒産してしまうし、リストラを敢行せざる得なくなってしまいます。

そうなれば、多くの人が職を失ってしまう世の中に。

失職を回避するためには、各々が対策する必要があります。

コロナ禍をきっかけに、大きな時代の変化が起きています。

大きな働き方の変化が、起ころうとしているのです。

会社責任から個人責任の時代が、間違いなくなるでしょう。

これから必要となる、働き方とは何か。

これからの働き方は【失職で無収入になるリスクを分散すること】はないでしょうか。

これからの働き方は本業✕副業の収入分散が理想であること、また副業おすすめな副業の探し方、始め方を紹介します。

会社依存の働き方は極めて危険な時代となった

リスクが迫るイメージ画像

昨今は【働き方改革】により副業を解禁する世の中に、なり初めていました。

副業の解禁が意味をすることは「会社依存で生計を立てるのではなく、各々が自己責任で生きてくださいね」という意味です。

時代は会社責任の時代から自己責任の時代に、移り変わる段階に来てるところでした。

そこに来て、今回の新型コロナウイルス騒動。

社会が機能していない状況に陥り(おちいり)、このままではお店も企業も継続が出来ない事態です。

そうなるとお店も企業もとるべき行動は2つ。

店舗や会社を締めるか、人をリストラして人件費を削減するかです。

レイオフ(業績が回復するまでの一時解雇)という方法もありますが、いずれにしても労働者側は無収入になってしまいます。

その状態がいつ起きてもおかしくない状況が、今です。

一時的には国や自治体の援助がありますが、長期となると難しいですよね。

いつ誰が職を失っても、おかしくないのです。

中国がばら撒いたコロナウイルスのせいで、世界中で倒産や解雇が珍しくない世の中になってしまいました。

これからはリスクを分散した働き方が間違いなく必須となる

RISKとハサミ 画像 

これからは職を失っても生活できる環境を、準備しておかなくてはなりません。

そのためにやるべきことは【会社に依存せずに兼業で働くこと】ではないでしょうか。

仕事がなくなるリスクを分散して、収入ゼロ状態を未然に防ぐ。

収入源は1つではなく、複数持っておく必要があります。

収入源を多数に分散することが望ましいと思いますが、実際には無理があるでしょう。

体は一つですから。

働くにしても、限界があります。

現実には収入源が2つあれば、とりあえずは安心でしょう。

理想の収入バランス

収入源を分散化しても9:1であったり8:2では、片方の依存が大きすぎます。

バランスが悪ければ分散しても、リスク回避とは言えません。

分散ゼロよりは良いと思いますが。

理想としては5:5です。

偏っても、6:4ってところでしょう。

会社員の収入と、同等の収入源があることが理想です。

あくまで理想ですがね。

おすすめな副業の探し方と始め方

PCとスマホ 画像

自分の得意分野で始めるも良いでしょうし、新しい分野に挑戦することも面白いと思います。

やろうと思えば、ビジネスは無限にありますから。

言うのは簡単だが、実際に始めるのは難しい・・・・・と思いますよね。

簡単に副業ビジネスなんて始められないと。

ただでさえ時間の限られた状態で、副業をどうやって始めればいいのか。

ここで現代社会の強い味方が登場します。

インターネットです。

現代では簡単にビジネスを探す方法、始める方法があります。

しかも自宅に居ながら、在宅でビジネスが可能。

パソコンが1台さえあれば。

その最たる方法がクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい側がクラウドソーシングの会社に登録し、仕事を受けたい側が仕事を探して受注するマッチングサービス。

つまり、

WEB上にビジネス案件紹介の仲介会社が、現代では存在するのです。

クラウドソーシングには、あらゆるジャンルの仕事案件が掲載されています。

自分の得意分野のビジネスを探せます。

新たなジャンルにチャレンジすることだって可能です。

また仲介会社が入っていますので、未入金などのトラブルが防げる大きなメリットがあります。

仲介手数料は取られますが、仲介会社を利用するメリットは十分にあるでしょう。

クラウドソーシング会社も多数ありますが、大手クラウドソーシング会社といえば、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

この2社です。

この2社は、相当な案件数を保有しています。

両方登録しておけば、とりあえずこの2社で十分でしょう。

クラウドワークス

テレビでCMしているクラウドソーシング会社ですので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

単純作業から専門分野のビジネスまで、仕事の種類は200以上。

大手企業から個人事業主の仕事まで、案件は多種多様。

自分の得意分野、スキルに合わせて案件を探せます。

登録は無料ですので、とりあえず登録してゆっくりと案件を探してもいいでしょう。

ランサーズ

クラウドワークスと方を並べるクラウドソーシング会社。

クラウドワークスより老舗で、こちらも多種多様で常時1000件以上の案件が用意されています。

ランサーズも登録は無料。

まとめ

  1. 会社依存の時代は終わる
  2. これからは本業✕副業が当たり前になる
  3. 副業はクラウドソーシングで簡単に探せる

クラウドソーシングでビズネスの腕を磨き、本格的に個人でビジネスを始めることも良いと思います。

現在では副業禁止の会社のほうが一般的でしょう。

しかし禁止ルールを守っても、いざとなれば会社は助けてくれません。

会社に忠誠を誓ったところで、会社側は簡単に見捨てます。

そのくらいドライな考えでいた方が、絶対おすすめです。

自分の身や自分の家族は、自分で守らなければならない時代に突入したのです。

これからは、兼業時代となります。

もう新時代は、目の前まで来ているのです。

関連記事

先日みずほ銀行が、週休3日〜4日制を導入するとのニュースが報道されました。当然休日分の給与はカット。雇用を確保しながら、人件費を削減する方法です。これはコロナ禍が絡む話しでもありますが、コロナ禍でなくても週休3〜4[…]

成功への階段を黒板に書く画像