画面が見やすく予測も実測も可能な日本製体温計タニタBT-470の紹介レビュー

全く収まる気配のない、新型コロナウイルスの猛威。

しばらくはウィズコロナで、生活するしかありません。

そんな世界になってしまいました。

世の中が急激に変わってしまった現代。

持ち歩く必要なアイテムも大きく変わりました。

出張が多いビジネスマンにとって、体温計は必須アイテムです。

毎日体温は計測しなければならないし、出張に体温計を忘れるわけにはいきません。

我が家では家族で共有する体温計は以前からありました。

しかし個人用の体温計は持っていなかったため、自分用に体温計を購入しました。

購入したタニタの体温計【BT-470】の使用した感想を、紹介したいと思います。

体温計はなくてはならない時代になってしまった

I NEED YOU の文字 画像

忌まわしきコロナウイルスのせいで体温計測は必須となった

まさかこんな時代が来ようとは・・・ですよね。

中国も本当に大変なことをやってくれました。

とはいえ起きてしまった事態を、嘆いていても仕方ありません。

事態を乗り切るしかありません。

そんな世の中で、必要なアイテムも大きく変わりました。

現在必要不可欠なアイテムは、

  • マスク
  • 消毒用アルコール
  • 体温計

最低でも、この3点です。

対コロナ対策の【三種の神器】と言ってもいいでしょう。

なくてはならないアイテムです。

ビジネスマンにとっても体温計は必須になった

今まで出張に体温計を持ち歩く、なんて概念はありませんでした。

しかし時代は替わり宿泊出張では、体温計を持ち歩かないことは非常識です。

自分専用の体温計が必要となりました。

嫌でも体温計を、用意しなければならない時代なのです。

今までは一家に一つあればよかったのですが、これからはそうはいきません。

体温計を持ち歩く時代になってしまったのです。

タニタ製体温計【BT-470】の紹介

出典:Amazon

そんなわけで、体温計を購入することに。

持ち運びに便利で短時間の測定で、かつ正確で安いもの。

体温計なんていつでも簡単に手に入ると思っていましたが、甘かった・・・・・。

このコロナ渦でドラッグストアは売り切れだし、ネットでも2000〜3000円代の安価なものがない(汗)。

あったとしても、測定検温10分の体温計。

 
エンハスカイ
今どき10分の体温計なんて、そんな時間待てるわけない。

そこで見つけた体温計がタニタの【BT-470】という製品。

予測20秒で測定できて、金額面も悪くない。

特徴を上げます。

  • 20秒の予測検温
  • 10分の実測検温
  • 前回値メモリー
  • 安心のタニタブランド
  • 価格が安い

20秒の予測検温

安価な体温計は、ほとんどが実測検温用で10分の測定時間。

ハッキリ言って、10分なんて待てるほど暇じゃありません。

予測で多少数値が狂ったとしても、普段は全く問題なし。

この体温計は20秒で測定が可能です。

10分の実測検温も可能

正確な計測をしたい場合は、10分の実測検温も可能です。

忙しい時間に10分も普段は待てませんが、正確には計測したい場合は待つしかありませんね。

体調が悪く、正確な数値を計測したい場合は実測検温が良いでしょう。

普段は予測、体調不良の場合は実測。

そんな使い方が出来る体温計です。

前回値メモリー

スイッチを入れた時点で、前回の検温数値が表示されます。

計測を記入しなければならい時や、体温を忘れてしまった時にスイッチを入れると前回測定数値が表示されますので安心です。

前回の数値がわかると新たな検温と比較することもできますので、意外と便利な機能です。

安心の日本製タニタブランド

信頼の日本製ブランド、タニタの体温計です。

ブランドの信用度は、申し分なし。

あやしいメーカー不明の、中華ブランドとはわけが違います。

原産国は中国ですが・・・。

価格が安い

予測検温の体温計も、価格が高い製品なら他にもたくさんあります。

しかし体温計に、そこまで費用を掛けられないのが現実です。

このタニタ製の体温計は、高機能な上に安価。

良心的な価格で販売されている体温計です。

created by Rinker
タニタ(Tanita)
¥2,150(2021/01/23 01:52:44時点 Amazon調べ-詳細)

タニタのオンラインショップからも購入できます。

下記リンクからどうぞ。

タニタ製体温計【BT-470】の使用レビュー

REVIEWの文字 画像

レビューの前に、Amazonで購入が出来なかったことを言っておきます。

正確には購入しようと思えば、できますが。

商品リンクに飛ぶと、Amazonはこう聞いてきました。

「あなたは、医療関係従事者ですか?」

「はい」か「いいえ」の2択しか選べない。

「いいえ」を選ぶと、全然違う商品のページに飛ばされます。

「はい」を選ぶと商品リンクへ行くのですが、さすがに嘘をついてまで購入できません。

楽天市場で探してみると、普通に購入は出来ました。

話しがそれましたが、ここからがレビュー。

梱包状態 画像
梱包状態

梱包状態は、しっかりしています。

一緒に購入した中華製マスクの箱は潰れていましたが、やはりここはジャパンブランド。

梱包までしっかりと、気を使っています。

内容物 画像
内容物

内容物はこんな感じ。

説明書もありますし、EMC技術情報という資料も入っていました。

医用電気機器の安全性規格を満たしている、という証明のようです。

さすがタニタ。

信頼できます。

表面とケース
表面とケース

本体表側とケースです。

ケースもしっかりしていて、バッグに入れても安心できる強度。

裏面 画像
裏面

裏面には電池を入れ替えられるフタが付いています。

電池が切れたら、電池効果が可能です。

それ以外は至って普通な体温計。

先端が柔らかく曲がる 画像

先端は柔らかく、グニャっと曲げることが出来ます。

小さいお子さんにも安心。

ブルーのバックライト 画像

計測後は5秒ほどブルーのバックライトが付きます。

バックライトは、5秒も点灯すれば十分です。

文字は大きくて見やすい。

また予測検温は公式では20秒となっていますが、実際には10秒前後で結果がでます。

なぜかわかりませんが。

早い分にはいいかな。

まとめ

  • 20秒の予測検温
  • 10分の実測検温
  • 前回値メモリー
  • 安心のタニタブランド
  • 価格が安い

特に問題点は感じませんでした。

口コミでは測定後のお知らせ音が小さいともありましたが、僕は全く違和感なし。

ピー、ピー、ピー、ピー、ピーと鳴りますが、十分な音量です。

いい買い物ができたと、満足しています。

おすすめ出来るから、ブログで紹介しているのですが。

今や、コロナのせいで毎日検温する体温計です。

体温計をお探しの方に参考へ参考になれば幸いです。

created by Rinker
タニタ(Tanita)
¥2,150(2021/01/23 01:52:44時点 Amazon調べ-詳細)