アルコールジェル 画像

濃度75%以上の携帯用アルコール消毒ジェルMark Freshを使用してみた感想

アルコールジェル 画像

新型コロナウイルスにより、アルコール消毒が常識となった現在。

外出の際に携帯用アルコール消毒を持ち歩くことは、もはやマナーです。

僕もプライベートから仕事による外出まで、必ずアルコール消毒を持ち歩いています。

僕が購入した携帯用アルコール消毒は【Mark Fresh】というジェルタイプの商品。

価格、サイズ、アルコール濃度がちょうど良いため、購入しました。

容器もおしゃれでいい感じ。

アルコール濃度75%以上を探して見つけた商品です。

気になっている人も多いのでは。

そんなわけで、今回は携帯用アルコールジェル【Mark Fresh】を使用した感想を紹介します。

携帯用アルコール消毒を持ち歩こう

コロナ対策 アイコン 画像

忌まわしきコロナウイルス。

収まる気配が全く無い状況ですが、今は出来る対策をやるしかありません。

対コロナウイルスの三種の神器。

それが

  • マスク
  • アルコール消毒
  • 体温計

この3アイテムです。

体温計は出張等がない限り持ち歩く必要はありませんが、出張するなら忘れてはいけない必須アイテム。

体温計に関しても、購入した製品のレビュー記事を紹介しています。

関連記事

全く収まる気配のない、新型コロナウイルスの猛威。しばらくはウィズコロナで、生活するしかありません。そんな世界になってしまいました。世の中が急激に変わってしまった現代。持ち歩く必要なアイテムも大きく変わりまし[…]

マスクとアルコール消毒は、言うまでもなく必須アイテムです。

マスクとアルコール消毒がコロナ対策に有効なことは、間違いない事実。

そして他人への配慮のためにも、マスクをしてアルコール消毒を行うべき。

それが常識人の行動です。

携帯用アルコール消毒に求める条件

チェックリストとペン 画像

今や絶対に必要なアルコール消毒の持ち歩き。

その携帯用アルコール消毒に、僕が求めた条件を上げます。

  • 濃度75〜85%のアルコール
  • 携帯用としてのベストサイズ
  • 手荒れへの配慮
  • 容器のデザイン
  • 価格

このあたりです。

濃度75〜85%のアルコール

厚生労働省からは、70〜95%の濃度が推奨されています。

60%程度でも効果があると言われていますが、あまり低いと効果があるのか信用しがたい。

低い濃度では、効果も低い可能性があるのでは?

僕の判断としては、75〜85%がベストと判断。

高いほうが効果はあるでしょうが、高すぎるとアルコールがすぐに蒸発してしまいます。

丁度いいアルコール濃度で、安心したいところです。

携帯用としてのベストサイズ

携帯用としては、とても重要なポイントがサイズです。

大きすぎると邪魔。

小さすぎると、すぐなくなってしまう。

携帯サイズとして、ベストなサイズ感が大切です。

手荒れへの配慮

消毒効果が高くても、手が荒れてしまっては意味がありません。

手荒れの傷口から感染してしまったら、元も子もありませんから。

乾燥するシーズンは、ただでさえ手が荒れます。

しっかりと手荒れに配慮した成分が含まれていること。

重要事項です。

容器のデザイン

容器のデザインもこだわりたいところ。

容器のデザイン性が良いと、何となくテンションがあがるじゃないですか(笑)。

重要性としては低めですがね。

価格

アルコール消毒液は消耗品です。

常に使い続けて、リピートして購入しなければならないアイテム。

良質でも、価格が高くてはリピート購入できません。

良質でかつ、安価であること。

大切な条件です。

僕が選んだアルコールジェルを紹介

アルコールジェル 画像

上記条件を満たした、携帯用アルコール消毒品。

僕が選んだ製品は、【Mark Fresh】という品名のアルコール消毒ジェルです。

  • アルコール濃度75〜80%
  • 120mlの容器でサイズが丁度いい
  • 肌保護成分配合
  • デザインがおしゃれ
  • 680円(Amazon価格)の安価

似たような製品も他にありますが容量が少なかったり、アルコール濃度が低かったりでこの製品がベストと判断しました。

アルコールジェルMark Freshの使用レビュー

REVIEWの文字 画像

実際に購入しましたので、使用感をレビューします。

気になるポイントは

  • 扱いやすさ
  • 速乾性
  • ニオイ
  • 手荒れ具合

このあたり。

扱いやすさ

ジェルタイプなので、手から垂れずに馴染ませることができます。

ベタつきもなく、丁度いい粘度加減。

どちらかというと、ゆるい粘度具合。

扱いやすく、良い加減のジェルタイプです。

速乾性

手にとって馴染ませてから、約4秒程度で乾きます。

仕事にすぐ取りかかれるスピードで乾くので、ビジネスにも問題なし。

濃度が高すぎると手に馴染ませる前に蒸発してしまうので、速乾性は早すぎてもダメ。

丁度いい乾き具合でしょう。

ニオイ

ニオイはアルコールのニオイのみ。

他に変わったニオイはしません。

手荒れ具合

しっとりとしていて、スッと馴染む具合。

肌保護成分は、アラントインという成分が配合されています。

軟膏やリップクリーム、化粧品に使用される成分です。

しかし使い続けていると、手が荒れました。

アルコール濃度75%以上の代償かもしれません。

僕は皮膚が弱い方ではありませんが、手が荒れてしまいました・・・。

まとめ

最適なアルコール濃度で、サイズや価格もベスト。

また容器のデザインもおしゃれで、携帯用アルコールとしてベストだと思います。

しかし手荒れは避けられませんでした。

保湿重視の製品に変えるか、アルコール濃度を下げた製品を探すか。

色々と試す必要はありそうです。

テレワークとなったため試す機会が減りましたが、また新たな製品を購入したら紹介したいと思います。