岡崎城 画像

愛知県岡崎市の観光名所 岡崎城の情報とレビュー

岡崎城 画像

岡崎城の情報

所在地

〒444-0052 愛知県岡崎市康生町561-1

アクセス

電車名鉄「岡崎公園前」から徒歩15分
愛知環状鉄道「中岡崎」から徒歩15分
自動車岡崎ICから10分

駐車場

有料駐車場あり(150台)

7:00~22:00100円/30分
22:00-翌日7:0050円/30分

会館時間

9:00から17:00(入館は16:30まで)

休館日/12月29日~12月31日

料金

岡崎城200円(中学生以上)
子供100円(5歳以上)
三河武士のやかた家康館360円(中学生以上)
子供200円(5歳以上)
岡崎城、家康館2館共通券510円(中学生以上)
子供270円(5歳以上)

公式Webサイト

https://okazaki-kanko.jp/okazaki-park/feature/okazakijo/top

岡崎城とは

岡崎城はあの徳川家康が産まれた城で、日本100名城のひとつです。

別名「龍城」

15世紀に西郷頼嗣(さいごうよりつぐ)によって築かれた城。

その後、1531年(享年4年)に松平清康(徳川家康の祖父)が現在の場所に移して岡崎城と名乗るようになりました。

徳川家康は8歳で今川義元の人質となり、幼少期は岡崎城で過ごしていませんが、今川義元が桶狭間の戦いで織田信長に討たれた跡は今川氏から独立して岡崎城に戻っています。

家康は浜松、その後関東へと拠点を移しますが、この岡崎城から天下統一が始まりました。

天守は復元されており、鉄筋コンクリート造の3層5階建て。

知らない人が見たら、まさかこの城が鉄筋コンクリートなんて思いもしないでしょう。

岡崎城(岡崎公園)散策のレビュー

それではレビューに入りましょう。

岡崎城

駐車場に車を停めて、岡崎城へ向かいます。

駐車場から見た岡崎公園

駐車場から見た岡崎公園の一部です。

城らしい城壁が、ワクワクさせます。

岡崎城の堀

堀と石垣。

天守は再現されたものですが、石垣と堀は当時のものです。

龍城神社

岡崎城の敷地内には、龍城神社(たつきじんじゃ)という神社がありました。

写真左が岡崎城ですので、城へ向かうには神社の前を必ず通ります。

岡崎城前

岡崎城の前に到着。

鉄筋コンクリートって言われると変な感じがしますね。

岡崎城の入り口

岡崎城の入り口です。

エヴァンゲリオンとコラボしている様子。

場内の展示品は基本撮影禁止でしたので、写真はほとんど撮れませんでした。

ロンギヌスの槍

エヴァンゲリオンに登場する「ロンギヌスの槍」がありました。

こちらは撮影OK。

刀鍛冶職人の方が製作したもので、隣にはどのよに製作したのか制作風景の映像が流れていました。

天守5階
5階にあったスタンプ

岡崎城の最上階。

スタンプが並んであり、子どもたちが楽しんでいました。

岡崎城 最上階の景色

岡崎城の最上階(5階)から岡崎の街が一望できます。

写真は一方向のみですが、4方向すべての眺望が可能。

岡崎公園

岡崎城を見学した後は、「三河武士のやかた家康館」へ向かいます。

岡崎公園内を移動し5分くらいで着きますが、公園内にも見どころが。

徳川家康像
公園内の電話ボックス

公園内の電話ボックス。

お城の形になっています。

家康のしかみ像

しかみ像と呼ばれる、徳川家康の像です。

若き家康は浜松で、武田信玄に無謀な戦を挑み大敗しました。

多くの家臣や兵を失い、自戒の念を込めて書かせた苦悩な表情の肖像画を像にしたものです。

大手門

岡崎公園の顔「大手門」。

こちらも再現されたものです。

からくり時計

家康館前の広場にあったからくり時計。

最初はただの時計だと思ってました。

からくり時計 作動時

毎時00分、30分でからくりが作動します。

能の音楽が流れ、家康公の人形が能を舞ってくれます。

二の丸能楽堂

本格的な能楽堂がありました。

実際に使用出来て、多目的な使用も可能とのこと。

三河武士のやかた家康館

三河武士のやかた家康館

家康館に到着。

今回は岡崎城で共通券を購入しておりますので、同じ券で入館できます。

家康の生涯がわかりやすく紹介されており、特に関ヶ原の戦いのジオラマは面白くてわかりやすかった。

こちらも展示品は撮影禁止のものが多く、写真で紹介できるものはほとんどありません。

年代別 日本刀の特徴

日本等の特徴を年代別で紹介、展示されていました。

刀マニアにはたまらないと思います。

エヴァンゲリオンの刀1
エヴァンゲリオンの刀2

家康館でもエヴァンゲリオンの刀が展示されていました。

刀鍛冶職人の人は製作した本格的な刀。

こちらもエヴァ好き、刀好きにはたまらないでしょう。

まとめ、感想

岡崎公園の中には、岡崎城以外に家康館という徳川家康の天下統一までの歴史をわかりやすく伝えてくれる場所もあります。

両方行ったるで〜!ってことで共通入場券を買い、両方へ訪問。

岡崎城の外見は日本のお城って感じですが、内側は近代的でした。

展示品を見学する美術館のようなイメージです。

また山頂や山の中ではなく岡崎市の街中にある城で、しっかりと整備されているため散策しやすい環境でした。

入場券は岡崎城、家康館バラでも購入できますが、セットをオススメします。

城目的で訪れましたが、家康館も楽しめましたので。

8月だったので夏の暑さには堪えましたが・・・。

岡崎城 画像
最新情報をチェックしよう!