駐車場から見た水車 画像

日本最大級の木製水車がある道の駅 おばあちゃん市・山岡の観光情報と散策の感想(岐阜県恵那市)

駐車場から見た水車 画像

おばあちゃん市・山岡の情報

所在地

〒509-7606 岐阜県恵那市山岡町田代1565-169

営業時間

物販施設09:00~17:00
(3月~10月の土日祝は18:00まで)
レストラン9:00~15:00(食事は11:00から)

アクセス

瑞浪(みずなみ)ICから自動車で20分

駐車場

  • 大型:6台 
  • 普通車:70台
  • 身障者用:2台

公式WEBサイト

http://obachanichi.jp/

道の駅 おばあちゃん市・山岡とは

岐阜県恵那市にある道の駅で、小里川ダムの辺り(ほとり)にあります。

高い位置からダムと緑の景色を堪能できる、道の駅です。

日本最大級の巨大な水車、約100年前のアーチ橋、ダム、吊橋とめずらしいものや、すばらしい光景がある観光スポット型の道の駅。

思いっきり山の中にある道の駅ですので、とても癒やされる景色。

休憩+観光ができる道の駅とお考えください。

道の駅 おばあちゃん市・山岡の画像を踏まえた散策の感想

それでは散策の感想を、写真を踏まえて紹介します。

日本最大級の木製水車

駐車場から水車を取った写真です。

直径24mの水車で、その大きさは木製で日本一でしたが、2019年に埼玉県寄居町の「川の博物館」に完成した24.2mの大水車の完成で現在日本2位の大きさ。

遠くから見ると、まるで観覧車。

近寄ってみると水が流れていて、水の力で回っていることがわかります。

どうですか!この迫力!

近くまで来ると水しぶきが舞っています。

マイナスイオンが心地良い。

興運橋(ようんばし)

水車の前に、歴史を感じる橋の一部が展示されていました。

興運橋(ようんばし)という橋です。

1920年代に発電所に渡る橋として使用されていた橋。

めずらしい三連のアーチ橋です。

1920年ってことは約100年前の橋。

ということは大正時代の橋ですね。

橋ごしの水車。

迫力あります。

水車より奥にあった展示物と景色

発電機の一部が展示されていました。

昔水車で使用されていた発電機のようです。

駐車場から水車を通り越こした場所には、整備された遊歩道がありました。

幸せの鐘と呼ばれる鐘です。

大切な人と鳴らしてくださいね。

今回は1人だったので、遠慮しておきました(笑)

幸せの鐘の先から、眺めた景色。

ダムの貯水湖になっており、高台からの景色を堪能できます。

吊橋の歩道もありました。

とりあえず中間まで歩いてみます。

吊橋の中間からの眺めです。

こちらからはダムの貯水湖が一望できます。

吊橋なので揺れますが、吊橋の醍醐味ですね。

吊橋を渡る手前にあった看板です。

ダムが見学できるとのこと。

今回は時間の都合上、ダムには行けませんでした。

五平餅が売っていましたので、買ってみました。

1本200円。

人生で初めて食べた、五平餅です。

朝ドラ「半分、青い」でよく出てきたので、一度食べてみたいと思ってました。

想像していたよりも餅っぽくなく、味も濃すぎないので何本でもいけちゃう感じ。

餅のような粘りがないので、歯が取れやすい方や年配の方でも問題なく食べられます。

また店内には道の駅らしく新鮮な野菜が並び、大変賑わっていました。

まとめ

岩村城の帰りに恵那から名古屋方面へ車で移動していたのですが、目に飛び込んできた光景がありました。

観覧車のような巨大な水車。

これは寄っていくしかない!と思い、立ち寄ることに。

たまたま訪れた道の駅ですが、めずらしい建造物が見学できてラッキーでした。

下道で恵那市から岐阜市、名古屋方面に移動中、ちょうど休憩したいなと思っていたときに現れた道の駅で、絶妙なタイミングの場所にある休憩スポットといった感じ。

ダム好きの方、水車好きな方にはもってこいの場所です。

今回訪れたコースのように、岩村城とドライブをセットにして立ち寄っても面白いと思います。

以上、道の駅 おばあちゃん市・山岡の観光情報と散策の感想でした。

駐車場から見た水車 画像
最新情報をチェックしよう!