低糖質、低塩分の宅配冷凍食材nosh(ナッシュ)のメリット、デメリットをレビュー

コロナウイルスの襲来により、自炊の頻度が極端に上がった昨今。

僕はテレワーク中心なので、ほぼ自炊なのです。

自炊というか、食事は妻が用意してくれます。

流石に1日中家にいると

毎食用意してもらうのも申し訳ないな

 
エンハスカイ
毎食用意してもらうのも、ちょっと申し訳ないな

と考えるように。

コンビニ弁当やデリバリーもありですが、手抜きの食事でも健康的な食事がいいです。

ただ空腹を満たすだけでは、健康な食事とは言えません。

栄養バランスは、意識したいところです。

そこで今回選んだものが、定期宅配型の冷凍食材【nosh(ナッシュ)】です。

毎日の食事でなく、月に数回の食事に使えればと考えました。

ナッシュは低糖質で低塩分が売りの冷凍プレート。

評判の良い、宅配冷凍食材のサービスです。

メニューも豊富で、スイーツまであります。

「嫌ならやめればいいや」と考えて、購入してみました。

今回はナッシュを利用した、感想レビューを紹介します。

nosh(ナッシュ)を選んだ理由について

ナッシュ10食分 画像

ナッシュを選んだ理由。

まえがきでも書きましたが、妻を休ませる日が必要と考えたらからです。

食事は365日、2〜3食摂らなければなりません。

毎日のメニューを栄養バランスを考えて調理することは、とても大変なこと。

外食が不自由な、このコロナ禍。

毎日自炊は大変ですよね。

僕はテレワークとはいえ、平日は仕事が忙しく家事をほぼ手伝えません。

そこで宅配型の食事を考えてました。

宅配食材に求める条件は3つ。

  1. 主菜から副菜までワンプレート、かつメニューに自由度がある
  2. ヘルシーで栄養バランスが考えられている
  3. とにかく手間がかからないこと

この条件を満たしたものがナッシュでした。

簡単に説明します。

主菜から副菜までワンプレート、かつメニューに自由度がある

副菜までセットのワンプレートであること。

手間を省きたいのに、小鉢などの用意が大変では意味がありません。

さらにメニューを選べること。

コンビニ弁当も、たまにはいいですよね。

ただ、大体同じメニューになってしまいます。

特に定期購入するならば、メニューは豊富なほうがいい。

ナッシュはスイーツを含めると、常時60種類以上と豊富。

料理のジャンルにも偏りがなく、和洋中から選ぶことができます。

ヘルシーで栄養バランスが考えられている

コンビニ弁当やデリバリーは美味しいですが、味が濃くてヘルシーとは無縁です。

それでは体に良い食事とは、とても言えません。

ナッシュ1番のメリットはここです。

低糖質、低塩分がヘルシーな調理となっています。

すべてのメニューが糖質30g以下+塩分2.5g以下。

工場は、安心の日本自社工場で調理しています。

どうしても高糖質、高塩分になってしまう現代。

ナッシュの食事ならば、糖質と塩分の管理が必要ないのです。

とにかく手間がかからないこと

大切な条件です。

手を抜きたいのに、手間がかかっては本末転倒です。

ナッシュは配達で届くので、買い出しは不要。

調理済みですので、レンジで温めるだけです。

ご飯が付いていないので、ご飯やパンなどの主食が必要となりますが。

容器は紙素材の容器が採用されていますので、分別の必要なし。

エコで手間がないことは、非常にありがたいことです。

定期宅配冷凍弁当nash(ナッシュ)を簡単に紹介します

虫眼鏡で見た詳細の文字

細かい情報はナッシュの公式サイトを見てもらうとして、簡単にナッシュの特徴を紹介します。

  • 糖質と塩分を制限した健康思考の食事内容
  • 新メニューを続々投入している
  • 豊富なメニュー内容
  • おいしさも追求している

特徴はこのあたりです。

ひとつずつ、サクッと説明します。

糖質と塩分を制限した健康志向の食事内容

他の冷凍弁当と違う、一番の点がここです。

ヘルシーな食事内容であること。

すべてのメニューが糖質量が30g以下で塩分量が2.5g以下です。

どうしても過栄養になってしまう現代。

味はもちろん大切ですが、人生にとって健康はもっと大切です。

通常は味を一番に考えます。

しかしナッシュは糖質量と塩分量を制限したうえで、味を勝負しているのです。

新メニューを続々投入している

ナッシュは定期配達型の宅配サービスです。

配達頻度は発注する人の自由ですが、高頻度でも飽きが来ないよう常に新メニューを開発しています。

新メニューの頻度は、1週間に2品目。

サイトで評判の良くないメニューを廃盤にして、新しいメニューと入れ替えて行くスタイルです。

研究熱心な企業だな、と思います。

豊富なメニュー内容

メニューが豊富なことも、ナッシュの特徴です。

プレートは42品目以上。

スイーツやパンを合わせれば、60種類以上です。

かなりのバリエーションから、選ぶことができます。

発注のたびに、選べる楽しさがあります。

その豊富なメニューすべてが、糖質30g以下で塩分2.5g以下なのです。

また、ジャンルに偏りがありません。

和洋中で肉料理と魚料理を均等にしており、メニューバランスにも気を使ってくれています。

美味しさも追求している

いくらヘルシーでも、おいしくなければ意味がありません。

ナッシュは和食、中華、フレンチとジャンルによって専属のシェフを採用しています。

難しい冷凍調理でも、妥協しない姿勢です。

おいしさと健康を両立した考えで、研究開発しているのです。

ナッシュを利用した感想レビュー

REVIEWの文字 画像

実際に利用した感想レビューです。

レビューは4つに分けて紹介します。

  1. 副菜
  2. ボリューム
  3. 価格との費用対効果

味はおいしいのか

まずは肝心の味。

糖質と塩分を制限して、おいしくできるのか。

率直な感想としては、合格点だと思いました。

濃すぎず、薄すぎずといった味付け。

冷凍で味を落とさない調理方法で、冷凍に向いたメニューを選んでいるのかなと感じました。

味や食感が冷凍で落ちてしまうメニューでは、採用が出来ないのでしょう。

糖質と塩分を制限した冷凍食材で、この味なら大したものだと思います。

肉系は肉らしい歯ごたえがあり、白身魚はとても柔らかい。

僕が一番おいしかったのは、ロールキャベツのチーズデミ。

ロールキャベツのチーズデミ 画像

次がハンバーグ系かな。

チリハンバーグステーキ 画像
チリハンバーグステーキ

またスイーツも注文してみました。

ロールケーキのキャラメル味。

ロールケーキ 3個セット
3個セット
ロールケーキ 開封済み 画像

糖質が、なんと4.7gのスイーツです。

解凍してから食べるものですが、冷凍状態から半解凍状態で食べてもおいしかった!

甘さ控えめで、どちらかというと大人向け。

甘いスイーツが目的であると、物足りないと思います。

僕には甘さ控えめで、ちょうどよかったです。

副菜

唐揚げと副菜 画像

どのプレートにも、必ず3品の副菜が付いています。

味はどの副菜もおいしい。

冷凍調理と相性のよい食材、調理方法を考えているようです。

ナスやほうれん草など、水っぽさが残ってもおいしい食材が選ばれています。

みんな健康的な副菜、といった感じ。

ただ、キムチが辛かった。

キムチの画像

子供には向かない副菜がキムチ。

家族で食べる場合、キムチ系の辛い副菜は困ります。

我が家が辛いものを苦手なこともありますが・・・。

ボリューム

1プレートのボリュームは、女性にちょうどいい程度です。

一般的な弁当のおかず量。

食べざかりの男性では、まず物足りないでしょう。

カロリーをコントロールした食事なので、大盛りでは糖質、塩分制限の意味がなくなってしまいます。

ヘルシーを心がけるには、食べ過ぎは禁物。

ガッツリ食べたいときは、ナッシュ以外の日にしましょう。

価格との費用対効果

10食プランで税込¥599(nosh club最安値¥499)×10食。

コンビニ弁当ならば、ご飯付きで同じくらいの価格になります。

ボリュームで考えるならば、安くはないでしょう。

ただ糖質と塩分が調節された内容で、1食の食事がとれることはメリット。

調理や買い出しの手間もありません。

家事の何が大変かって、健康バランスのとれたメニューを考えることなんですよね。

その大変な作業を省けるなら、費用対効果は「有り」だと思います。

ナッシュを利用して感じたメリットとデメリット

メリット・デメリット画像

利用して特に感じたメリットと、気になるデメリットを紹介します。

メリット

まずはメリット。

  • コンビニや外食と違ってヘルシー
  • 自由に選べる宅配のペース
  • 糖質、塩分を制限してもおいしい調理

レビューとかぶった内容もありますが、説明しますね。

コンビニや外食と違ってヘルシー

繰り返しの説明となってしまいますが、1番のメリットです。

栄養バランスが考えられた、ヘルシーなメニューであること。

コンビニ弁当では、ありえない事です。

現代では摂取しすぎてしまう、糖質と塩分をコントロールしてくれる1食がとれます。

自由に選べる宅配のペース

ナッシュは定期配達型のサービスですが、配達の自由度が高いのです。

基本は3パターンです。

  1. 1週に1回の配送
  2. 2週に1回の配送
  3. 3週に1回の配送

上記のパターンです。

3週間に1回で設定して変更しなければ、自動的に3週間に1回配達されます。

(メニュー内容の変更は、もちろん可能です。)

ですが、事前にスキップすることもできます。

1回スキップすれば6週間後で、2回スキップすれば9週間後にすることが可能です。

定期配達とはいえスキップすれば、ほぼ自在に頻度を変更可能なことには驚きました。

金銭面の都合や食生活にあわせて、融通がきくことは嬉しいメリットです。

糖質、塩分を制限してもおいしい調理

糖質と塩分を制限しなければ、もっと美味しくすることは可能でしょう。

シェフの人は、糖質と塩分の制限に歯がゆい気持ちなのかもしれません。

でも限らたれた条件で、この味が出せれば上出来だと思います。

実は他社の宅配冷凍プレートを試したこともあるのですが、それは全然美味しくありませんでした。

ナッシュは糖質と塩分制限された条件で、他社より味が勝っています。

ダイエット食にもなる制限内容で、他の宅配冷凍プレートよりおいしいことは素晴らしい。

デメリット

続いてデメリットです。

  1. 冷凍庫の場所がとられる
  2. 毎日は飽きる
  3. ご飯やパンの主食を用意する必要あり

冷凍庫の場所がとられる

ナッシュは6食、8食、10食のプランから選びますが、10食プランが1番安くなります。

そのため、僕は10食プランを選びました。

その結果、冷凍庫がナッシュで埋まってしまうことに。

冷凍庫の中身を、事前に空けておく必要があります。

冷凍食品ですので、冷凍庫以外の選択肢はありません。

届いてから冷凍庫に入らないことは、絶対に避けないといけません。

これからの時代は冷蔵庫の冷凍庫だけでなく、冷凍ストッカーがあってもいいかもしれませんね。

関連記事

新型コロナウイルスで、思うように外出が出来なくなってしまった現在。スーパーの買い物ですら、満足に出来ない状況下です。買いだめして外出しないことが、今は正しい選択となりますよね。ネット通販で、食材お取り寄せも当たり前[…]

BESTの文字 画像

毎日は飽きる

いくらメニューが豊富とはいえ、毎日は飽きます。

他の食事と、上手に組み合わせることが大切です。

いろいろな食事の間に、ナッシュの日を挟むことがベストだと思います。

カロリーのそこそこ高い食事の日もあり、ナッシュでカロリーを抑える日もあり、といった感じですね。

ご飯やパンの主食を用意する必要あり

ナッシュのプレートは、主食が付いていません。

要はおかずのみ。

酒の肴ならば問題はありません。

ですが一般的な昼食や夕食と考えるならば、ご飯かパンが別で必要となります。

ご飯は炊飯器のスイッチを入れるくらいですが、それでも手間は手間です。

まとめ

栄養バランスを勝手にとってくれますので、ナッシュはありがたい冷凍プレートだと思います。

特に一人暮らしの場合、コンビニ弁当ばかりになりがちです。

それでは、体に悪いですから。

また家庭ならば、定期的に妻を休ませるためにナッシュはありだと思います。

主婦には休みがありませんので、定期的に休みをつくったほうがいい。

メニューはどちらかとえいば、若者向けが多いですね。

ハンバーグや唐揚げなど、子供が好きなメニューも豊富なので家族全員が満足できるでしょう。

ただ、キムチはいらないな。

辛い系の副菜は、個人的にはやめてほしい。

しかし総合的には糖質量、塩分量を抑えてこの味ならば、文句を言う人は少ないでしょう。

ダイエットや健康バランスを考えた冷凍食材ならば、ナッシュはおすすめです。

人気の理由、納得しました。