柿田川公園第1展望台

富士山の湧き水が湧くブルーホール!柿田川公園の観光情報と散策の感想(静岡県清水町)

柿田川公園第1展望台

柿田川公園の情報

所在地

住所:〒411-0907 静岡県駿東郡清水町伏見

交通アクセス

電車三島駅から徒歩40分くらい。
徒歩では無理があります。
バス・サントムーン経由沼商行き、杉沢行き「柿田川湧水公園前」から徒歩1分
・サントムーン・柿田経由沼津行き「柿田川湧水公園前」から徒歩1分
・サントムーン経由柿田川循環「柿田川湧水公園前」から徒歩1分
・沼商行き「西玉川」から徒歩5分
・柿田経由沼津行き「西玉川」から徒歩5分
自動車・東名高速道路「沼津IC」から約15分
・新東名高速道路「長泉沼津IC」から約20分

駐車場

有料駐車場あり。

  • 料金:200円
  • 台数:50台
  • 営業時間:9:00〜17:00

園内料金

無料です。

柿田川公園について

柿田川公園は沼津市と三島市の間にある小さな町、駿東郡清水町にある観光名所です。

富士山の雪解け水や、上流で降った雨が富士山の地下を約40km流れてたどり着いた場所。

至るところから湧き水が湧き出ている、とても珍しい公園です。

この水は地下を十数年かけて流れており、ほぼ無菌でミネラルをほどよく含んだ日本有数のすばらしい湧き水。

四万十川に並ぶ名水で平成23年には天然記念物に指定されています。

泉頭城の跡地

この公園、城の跡地でもあります。

1554年、北条氏によって築かられた城。泉頭城(いずみかしらじょう)です。

460年以上前ですね。

豊臣秀吉による小田原征伐の際に、勝算のないことを悟った北条氏が焼き払いました。

その後この地を訪れた天下人徳川家康が、「この地を隠居場所にする」と決定しています。

しかし、家康の他界により移り住む計画は中止なり、その後に城が建てられることはありませんでした。

散策していると、随所に城跡らしさを感じることができます。

画像を踏まえた柿田川公園を散策した感想

駐車場に車をとめて出発。

公園内は無料。

駐車場の看板
駐車場にある杖の貸し出し

駐車場にある案内図です。

貸出用で杖の用意もありました。

年配の方への配慮ですね。

すばらしい。

駐車場からの分かれ道

駐車場から公園内に入ると、さっそく分かれ道になります。

「展望台方面」と、「八つ橋方面」です。

道は繋がっていますので、どちらから散策してもOK。

今回は、展望台方面から進みました。

緑の中の歩道

周りを自然に囲まれた歩道を進みます。

キレイは1
キレイな小川2

さっそく湧き水の川が現れました。

ものすごい透明度!!

こんな透明な川、初めてみました。

柿田川公園 広場

さらに進み、階段を登りきったところで広場に出ました。

広場の噴水
広場の噴水

この先に道路沿いに面した正面入口があります。

入口 柿田川湧水群の看板
柿田川公園の石碑

正面入口の看板と石碑です。

徒歩で訪問の際は、こちらが入り口となります。

お次は第一展望台と第二展望台に行きたいと思います。

まずは近い方、第二展望台へ行ってみます。

第二展望台

第二展望台に続く階段

この階段を降りきった先が第二展望台となります。

どんな景色が拝めるのか。

降りて覗いてみると・・・

柿田川公園第1展望台
第二展望台の眺望2

おおお!

ブルーホール!

なんて美しい青!!

なんて美しい透明度!!

このホールの真ん中から湧き水が出ており、砂の動きで地下から湧き出ていることがわかります。

写真のため砂の動きはわかりませんが、真ん中の盛り上がっている砂が湧き水の勢いで動いている砂です。

これは想像以上にキレイでした。

びっくり!!

第一展望台

つづいて第一展望台に移動します。

第一展望台に続く階段

広場を通り過ぎ、また階段です。

この先に第一展望台があります。

第一展望台の眺望1

第一展望台からの眺めです。

水が透明すぎて、水が無いみたいな写真になってしまいました・・・。

こちらも中央の砂から水が湧き出ています。

第一展望台の眺望2

同じく第一展望台から見た90°違う方向の眺め。

こちらの砂の箇所から水が湧き出ています。

この柿田川公園では、毎日100万トン以上の湧き水が湧き出ています。。

水温も一年通して15℃前後と一定していて、夏は冷たく、冬は暖かく感じる丁度いい水温。

貴船神社

公園内には神社もあります。

貴船神社 鳥居

水の神様の神社ですが、恋愛、結婚、子宝にまつわるスポットでもあります。

パートナーと訪れてみては如何ですか?

えんむすび通り

神社内にあるえんむすび通りでおむすびに手を触れて、良いご縁があるように祈りましょう。

恋人同士はお二人で。

八つ橋

一番最初に見た透明な川の場所に戻り、そこを通り過ぎて八つ橋に向かいます。

八つ橋の橋

橋の先にはキレイな川が!

柿田川

結構広い川です。

川らしい川。

水の透明度は、相変わらずの美しさです。

八つ橋からの湧水1
八つ橋の湧き水

川を背に反対側を除くと、また湧き水の出ている箇所があります。

八つ橋の森1

橋を真っすぐ、進んでみます。

完全に森の中に来た感じ。

心地よい緑の香りと湧き水のマイナスイオンの効果でしょうか。

すごく清々しい気持ちになります。

僕は葉っぱ臭いニオイは好きでは無いのですが、ここのニオイは好き。

美味しそうな甘めなお茶の香りに近いというか・・・。

癒やされるニオイです。

八つ橋の森2
八つ橋の森3
八つ橋の森4

見渡す限り森。

ジャングルです。

ホントにあの車がビュンビュン走っている国道1号沿いの公園なのかと、疑ってしまうほどの大自然。

まるで遊園地のアトラクションのような光景でした。

ジャングルをぬけると、最初の分かれ道の八つ橋側へと出ます。

まとめ

結構交通量のある道路沿いで、大型の店舗も並ぶ街並みの中にある立派は公園。

敷地内に入ると、そこは街中であることを完全に忘れさせてくれる光景が存在していました。

豊富な湧き水と、緑で心を癒やされる公園です。

このキレイな湧き水ですが、40年前までヘドロ状態だったらしいんです。

このキレイな水に目をつけた、企業の工場排水のせいで。

それを地元の方々が、現在のキレイな状態へ頑張って戻したそうです。

汚すのも人間。

キレイな水に戻したのも人間。

考えさせられました。

守るべきものは、しっかりと守らなければならない。

そう思わせてくれる、美しい公園でした。

柿田川公園第1展望台
最新情報をチェックしよう!