道の駅潮見坂の看板画像

足湯から遠州灘の絶景が見れる道の駅 潮見坂(しおみざか)の情報と感想(静岡県湖西市)

道の駅潮見坂の看板画像

道の駅 潮見坂の情報

所在地

〒431-0451 静岡県湖西市白須賀1896-2

駐車台数

普通車113台
障害者用4台
大型33台
バイク6台

公式サイト

http://www.shiomizaka.com/

足湯の営業時間(無料)

5〜10月10:00~17:00
4〜11月10:00~16:00

道の駅 潮見坂とは

愛知県と静岡県の県境付近にある、国道1号線沿いで海沿いの道の駅。

静岡県ですが2kmほど走れば、すぐに愛知県の豊橋市です。

少しだけ高台の場所にあり、遠州灘の海を眺めるためにつくられた思えるような素晴らしい景色。

そして足湯があること。

海を眺めながら、足湯に浸かれる珍しい道の駅なのです。

地元の方から、観光客まで人気のスポット。

潮見坂は江戸時代、京(都)から江戸(東京)に向かうときに初めて太平洋が見られる場所でした。

この太平洋の大海原を見ると「江戸の町まであと半分」と言われていたとのこと。

散策レビュー

絶景の海を眺めるのに、ちょうどいい距離

潮見坂から見た海
パーキングからの景色

なんといっても、キレイな海が眺められるこの景色が魅力。

まるで海外に来たかのような、エメラルドグリーンの海がすばらしい!

海との距離が近すぎず、遠すぎずがちょうどいいんです。

この日は天気がよかったので、メッチャ気分爽快でした。

ぼくは海なし県の埼玉生まれ、埼玉育ちなので海は特別なのです(笑)。

時間の許す限り、ずっと見てられます。

それにしても湖西市の海って、こんなにキレイなんですね。

のんびりと足湯でリフレッシュ。しかも無料!

足湯の看板
足湯
足湯から海を眺める画像
足湯からの景色

キレイな海を眺められながら、入れる足湯があります。

この足湯が潮見坂パーキングの名物スポットですね。

しかも無料なんです。

太陽熱を利用しているとのこと。

席の数は7席(8席だったかな?)ありました。

タオルを持ってなかったので今回は入るのは諦めましたが、入っている方は気持ちよさそうだったなぁ。

海を見ながら何も考えすに、ぼーっと足湯に入れたらなぁ・・。

こういった時間が、「贅沢な時間」なのでしょうね。

訪れる際には、タオルをお忘れなく。

親子連れの方が利用していて、隣でこの写真をパシャパシャ撮っていたら小学生くらいの女の子に白い目でみられました・・・。

このおっさん、足湯に入らんで何してんの?って感じで(汗)。

そりゃそうだ・・・。

ちょっと恥ずかしかったです。

海風はメッチャ強い。これが「遠州のからっ風」。

眺めは最高、足湯もすばらしい。ですが、

風がメッチャ強いんです。

帽子が飛ばされるくらいの風。

遠州のからっ風ってやつですね。

4月の昼間だったので今回は寒くありませんでしたが、冬はちょっとキツイかな。

いや、寒い中だからこそ足湯が気持ちいいのかも。

いずれにしても海沿いなので、この風はしょうがないでしょう。

この海風も、海沿いの道の駅でしか味わえません。

名物の一つと考えれば、それも貴重な経験でしょう。

お店の中は採れたて野菜の販売や、レストランがあり。お土産も充実。

お店のなかには道の駅らしく新鮮な地元の野菜販売、お土産コーナー、そしてレストランがありました。

新鮮な野菜が、ズラリと並んでました。

その奥にレストランがあり、メニューもリーズナブル。

ぼくのような中小企業のサラリーマンでも、普通にランチで出せるお値段。

お昼時とのこともあり、とても賑わってました。

お土産も充実してましたよ。

人がたくさんいたので、店内の写真を撮ることは断念しました。

まとめ

静岡県湖西市周辺、愛知県豊橋市周辺でドライブの旅をするなら、休憩スポットとして予定に入れることをオススメします。

国道1号線沿いを走っていて、ちょうど休憩したいなぁと思う場所にある道の駅。

すばらしい海の景色をみて、足湯で運転の疲れは癒やし、旅を楽しんでください。

景色を見るだけでも、ドライブの疲れがとれます。

仕事の移動中の休憩にも。

以上、道の駅 潮見坂のレビューでした。

道の駅潮見坂の看板画像
最新情報をチェックしよう!