ノートに書くイメージ画像

勉強が嫌いな小学生を、机に向かわせる方法

ノートに書くイメージ画像

小学生って、大体が勉強が嫌いですよね。

勉強が好きな子もいるでしょうが、

ほどんどの小学生は、勉強が嫌いだと思います。

勉強や宿題をさせることに、手を焼いているお母さんも多いのでは。

大多数の親御さんが、同じ悩みを抱えていると考えていいでしょう。

やさしく言ってに聞かないし、怒鳴っても聞かない。

どうすればいいのか、ほとほと困りますよね・・・。

よくわかります。

でも、子ども側の気持ちもわかりますよね。

やりたくないものは、やりたくない。

遊びたい、ゲームがしたい、YouTubeがみたい。

本能のままで考えれば、当然です。

だって自分も子どもの頃は、遊んでばっかりでしたから。

もし今の時代だったら、きっとYouTubeばっかりみてると思います(笑)。

子どもの気持ちもわかりますが、

それでも何とか、勉強をさせなければなりません。

大人は勉強が大事なことは、人生経験でわかっています。

やりたくないこともやらなければ、生きて行けないこともわかっています。

しかし、人生経験が未熟な小学生には、勉強の重要度はわかりません。

わからせようって言ったって、無理なんですよ。

困った経験がないんですから。

それぞれの子どもの性格にあった勉強方法はもちろんあると思いますが、今回は筆者の「勉強のさせ方」を紹介したいと思います。

この記事は一流の高校に入って、一流の大学に進学し、一流の企業に入ってほしい親御さんには参考になりません。

そのようにお考えの方は、そっと閉じてください。

完璧を求めない。プレッシャーをあたえない。

小さな黒板

勉強しなければ、勉強が出来るようにならない。

そんなことは、子供もわかっています。

わかっちゃいるけど、やらなきゃいけないけど、

机に向かいたくない・・・。

では、なぜ机に向かう一歩が踏み出せないのか。

小学生が勉強をやりたくない理由の一つに、

完璧にやらなくてはならない、プレッシャーがある

のではないでしょうか。

完璧に覚えて、出来るようならなきゃならないプレッシャーです。

親としては勉強が出来る子になってほしい。

まぁ、そう考えることが当然ですよね。

ですがそのプレッシャーが、

机に向かう気持ちを遠のけているのでは。

プレッシャーを与えることを、辞めてみましょう。

こう伝えるのです。

ガッツリ勉強しなくていい、普通に勉強してくれればいいと。

一流の高校、一流の大学に進学するほど、勉強しなくいていいんだよと。

そう伝えることで、ガッツリやる必要ないと子供側にプレッシャーがなくなり、

「ちょっとだけなら、やろうかな」と気軽へ机に向かう気持ちが生まれます。

机に向かわせれば、こっちのもんです。

最低限の勉強をするつもりが、もうちょっとやろう、もうちょっとやろうと予定より勉強してくれたりします。

少しだけ勉強するつもりで机に向かったのに、

いつの間にかガッツリやっています。

子どもの集中力って、すごいですから。

勉強をする環境をつくってプレッシャーをあたえる。

ツインデスクとイームズチェア下から画像

今度は逆に、プレッシャーを自然にかけていきます。

そのプレッシャーとは

勉強しやすい環境をつくることです。

勉強を気軽なものにする、環境づくりです。

小学生は机に向かうことが、億劫なんですよね。

それは

机=勉強=嫌なことだから。

その環境を変えてみましょう。

我が家には勉強ができる場所、勉強する机がいくつかあります。

  1. 筆者の書斎兼勉強用のツインデスク
  2. 元々はデスクトップパソコンを置いていたデスク(今は何も置いていない)
  3. リビングテーブル
  4. ダイニングテーブル

ツインデスクはデスクが2つありますでの、合わせると5箇所あります。

ツインデスクの情報は、下記の記事を参考ください。

子供には

どこで勉強してもいいと伝えてあります。

落ち着いて集中できる書斎デスクから、リビングやダイニングのテーブルまで。

どこで勉強してもいいとなると、

その時の気分にあった場所で、気軽に勉強できます。

勉強できる場所を複数用意して、

実はプレッシャーを与えているのです。

人の心理として、「ここまで環境を用意してくれたら、やるしかないな」って子供ながら感じてくれるのです。

できたことを思いっきり褒める

子供には能動的、つまり

自分で考えて、自ら行動できるような人間になってほしいですよね。

怒鳴られて親の顔色をうかがう子供時代よりも、

褒められて育てられたほうが、能動的な人が多いと思いませんか?

これからの社会は、間違いなくAI化が進みます。

受動的、つまり受け身の生き方では、仕事に就けないことが予想されます。

ロボットで十分なんですから。

これからの時代、企業が望む人材は能動的な人材のみです。

話しを「勉強のさせ方」に戻しますね。

誰だって褒められれば嬉しいし、自信にもなります。

勉強は能動的な人間にさせるための、教育でもあります。

できないことを叱るよりも、

できたことを、思いっきり褒めてあげてください。

やれば出来るって、自信が大事です。

誰だって、やればできるんですから。

やる気にのせちゃいましょう。

勉強している姿を子供に見せる。

これは親御さんに時間がないと難しいことです。

忙しい方にはちょっと無理がある話しではありますが・・・。

子供は、親の背中を見て育ちます。

お父さん、お母さんの勉強している姿を見せるのです。

つまり、

勉強に向かう姿勢の、お手本を見せる。

仕事関係でもいいですし、何かの趣味で覚えることでもいいでしょう。

机に向かう姿勢を見せてやるってことです。

まとめ

纏めると、4つの要素となります。

  • 完璧を求めない。プレッシャーをあたえない
  • 勉強する環境をつくりプレッシャーをあたえる
  • できたことを思いっきり褒める
  • 勉強している姿を子供に見せる

「ガッツリ勉強しなくてもいい。普通に勉強すればいい。」=「とりあえず机に向かわせること」を目的にしています。

まずは机に向かわせることが出来れば、成功です。

本当に勉強が重要になってくるのは、中学生以降じゃないですか。

小学生の時代にやるべきことは、机に向かう癖をつけること。

勉強する時間は、少しだけでもいいんです。

あとは遊んでて、いいんです。

ノートに書くイメージ画像
最新情報をチェックしよう!