運転中にスマホをいじる画像

ながら運転の違反はどこから?信号待ちや渋滞中も捕まる?罰則は?

運転中にスマホをいじる画像

2019年12月に、道路交通法が改正されました。

ながら運転に対する取締の強化です

確かにながら運転が、危険な行為であることは間違いありません。

改正による厳罰化も、当然の流れしょう。

だがしかしです。

今は通信社会の現代。

どこにいても、嫌でも連絡が取れる時代です。

自動車で移動中でも、メールや電話はお構いなしに襲ってきます。

もちろん、LINEも。

既読にならないと怒る人もいますし、すぐに返信する必要があることも日常茶飯事です。

営業マンなんて、常にメールや電話をチェックしている必要があります。

そこで疑問に思いました。

 
エンハスカイ
ながら運転って、どこから違反になるのだろうか?

自動車が動いているときに、違反であることは理解できます。

動いていれば、確実にながら運転ですからね。

信号待ちで止まっているときも、ダメなのでしょうか?

渋滞で止まっているも、ダメなのでしょうか?

同じ疑問を抱えている人も多いと思いますので、今回はこの疑問を解決したいと思います。

信号待ちと渋滞中で違反になる【ながら運転】の定義

渋滞中の運転席からみた風景 画像

信号待ちと渋滞中の違反について調べました。

罰則や反則金については、後半で紹介します。

信号待ちのスマホ操作について

まずは信号待ちのスマホ操作について。

道路交通法では自動車等が、停止しているときを除き】とあります。

つまり

完全停止している状態では違反にはならない、と受け取ることができます。

定義は曖昧で、内容の線引はしっかりと定められていないようなのです。

停止中は原則セーフですが、その場の警察官の判断で【ながら運転違反】となる可能性があるのです。

例えばスマホに注視して青信号に気づかず止まったままなどは、違反の対象になります。

どうやら、あえて厳密な境界線を設けていないようなのです。

その場の警察官による判断に、自由度を持たせているのでしょう。

渋滞中のスマホ操作について

続いて渋滞中のスマホ操作について。

基本的には信号待ちと同じ考えですが、渋滞中の場合はノロノロと動きますよね。

ノロノロ運転でも、動いていたら完全アウト。

わずかでも動いていれば【ながら運転】ですので、違反行為です。

原則的には、自動車が完全停止していればセーフ。

しかし信号待ちと同じく、

現場で取り締まる警察官に、ながら運転と判断されてしまえばアウト。

運転中に操作する意思があると警察官に判断されれば、違反とみなされてしまうのです。

改定された【ながら運転】の罰則、違反金について

JUDGEMENTの文字 画像

ながら運転の罰則や違反金は、どのように改定されたのかを調べました。

ながら運転と判断された場合

ながら運転と判断されて捕まった場合の、道路交通法改定です。

項目改定前改定後
違反点数1点3点
罰則5万円以下の罰金6月以下の懲役又は
10万円以下の罰金
違反金大型:7000円
普通:6000円
二輪:6000円
小特等:5000円
大型:25000円
普通:18000円
二輪:15000円
小特等:12000円

かなり厳しく改定されました。

違反点数は3倍。

違反金なも約3倍となっています。

ながら運転で交通の危険を生じた場合

ながら運転で、危険を生じさせてしまった場合。

要はながら運転で、事故ってしまった場合の道路交通法改定です。

項目改定前改定後
違反点数2点6点
(一発免停)
罰則3月以下の懲役又は
5万円以下の罰金
1年以下の懲役又は
30万円以下の罰金
違反金大型:12000円
普通:9000円
二輪:7000円
小特等:6000円
適用なし
罰則が適用

こちらも、かなり厳しく改定されています。

違反金はなく、罰則が原則適用です。

違反金と罰則の違いとは

調べるの文字を虫眼鏡で見る画像

記事を書いてて、疑問に思いました。

罰則と違反金の違いってなんだっけ?と。

こちらも調べましたので紹介します。

違反金とは

交通反則通告制度に基づいた、行政処分として課せられる過料のこと。

比較的軽い交通違反の場合に適用されます。

俗に言う【青キップ】と呼ばれるものです。

反則金を支払えば刑事手続きが免除され、前科がつくこともありません。

つまり軽度な違反の場合は、

反則金を支払えば、罰則を逃れることができるってことです。

罰則(罰金)とは

交通反則通告制度に基づいた、刑事処分として科せられる過料のこと

反則金よりもより重い交通違反の場合の処置。

【赤キップ】と呼ばれるものです。

検察庁などへ任意出頭が通知され、通常の刑事事件として刑事処分の対象となります。

つまり

犯罪者の扱いとなりますので、前科が付いてしまいます。

まとめ、結論

運転中にスマホをいじる画像

信号待ちや渋滞中のスマホなど使用は、原則として完全停止していればセーフ。

わずかでも動いたら、アウト。

しかし警察官の判断では、停止中もアウトになることがあり。

実に、曖昧な結論となってしまいました。

警察としても、ハッキリ定義を決めつけることが難しいのも理解できますがね。

とにかく、事故を起こさないことが大前提です。

仕事のメールや電話も大事ですが、事故を起こしてしまったら会社は自己責任と処理するでしょう。

会社なんで、そんなもんです。

仕事よりも大事なもの。

それは言うまでもなく、安全運転です。

気をつけましょうね。