ウェットシート 画像

災害に備えて「赤ちゃんのおしり拭き」の備蓄をおすすめする理由

ウェットシート 画像

今回の新型コロナウイルス騒動で、市場から消えたもの。

マスクとアルコール消毒関連の商品です。

ここまで入手出来なくなるなんて、誰が予想したでしょうか。

いつでも手に入ると思った物が、緊急事態には手に入らないことを我々は実感しました。

そしていつ来るかわからない、自然災害。

当然ですが災害発生時には必要になる物資が、入手困難になります。

そのために準備しておくことが、備蓄です。

今回は災害用に備蓄する物に、赤ちゃんのお尻ふき用ウェットシートをおすすめしたいと思います。

その理由を掘り下げて紹介します。

また、この記事は物資が豊富な平常時に、備蓄しておくべきと推奨するものです。

必要とする方のために供給が足りていることを確認のうえ、購入してください。

買い占めは決してしないようお願い致します。

赤ちゃんのお尻拭きは汎用性がとても高い

災害発生時には、様々なものが入手出来なくなります。

更に発生から数日間は、電気や水道といったインフラ関連も止まることが予想されます。

お風呂に入ることも出来なければ、歯を磨くこともできない。

怪我をすることだって、あるでしょう。

そこで備蓄しておくべき物が赤ちゃんのおしり拭き用ウェットシートです。

赤ちゃんのおしり拭き用ウェットシートは非常に汎用性が高く、様々なことに利用が出来ます。

  • 体の拭き取り
  • 歯の拭き取り
  • 怪我箇所の汚れの拭き取り
  • 部屋を清潔に保てる
  • 当然、赤ちゃんのおしり拭きにも

赤ちゃんの肌に触れるものですので、清潔で柔らかくて安全なシートです。

手や体の拭き取りはもちろん、部屋中どこでも掃除することもできます。

使い捨てですので、清潔を保つことも。

赤ちゃんのおしり拭きさえあれば、水拭き系の用途は全てを網羅できるのです。

災害時にはウェットシートが入手出来なくなる

地震で揺れるイメージ画像

災害が発生すると、必要な物資は手に入らなくなってしまいます。

それは今回の新型コロナウイルスで、誰もが実感したことでしょう。

マスクなんて、突然どこにも無い状態になってしまいました。

同じことが、災害時に起こり得ます。

インフラ関連が止まれば、ウェットシート関連は必需品となるでしょう。

市場から消える可能性は、非常に高い。

そうなる前に、しっかりと準備しておくべきです。

災害が起こってからでは、遅いのです。

赤ちゃんのおしり拭き用ウェットシートは日常から使える

防災に準備すべきとオススメしていますが、日常生活でも日頃から使用ができます。

子供が汚した顔や洋服の拭き取りには、もってこいです。

また、テーブルや家具、家電の拭き取りにも。

使い捨てで清潔ですので、日常から用途を選びません。

そして重要なことは、使用した分だけまた備蓄すること。

ローリングストック法で、備蓄の管理を行いましょう。

ローリングストック法とは、非常用の備蓄を日常生活でも使用しながら、使用した分だけ買い足してストックする方法です。

日常で使いながら常に一定量を確保しておく方法です。

各メーカーから、乳児用おしり拭きシートは販売されていますが、我が家で使用+ストックしているものはユニ・チャームの「ムーニー おしりふき」です。

品質が良くて価格も安く、非常に満足しています。

リンク貼っておきます。

まとめ

本来の目的は文字通り赤ちゃんのおしり拭きですが、乳幼児がいない家庭であっても重宝できる商品です。

高品質+清潔+低価格の三拍子が揃った製品。

日常使い+災害用のストックを、おすすめします。

ですが、冒頭でも記載したように

本来の目的で使用したい人、つまり乳幼児を持つ家庭に届かないことがあってはいけません。

供給が十分に足りていることを確認のうえで、購入しましょう。

転売目的なんて、もってのほかですよ。

ウェットシート 画像
最新情報をチェックしよう!