防災で水を準備する重要性と水の確保量

いつやってくるのか、わからない大地震。

地球温暖化で、頻繁に起こるであろう大型台風の被害。

昨年も、大型台風の影響で大変な被害が発生してしまいした。

これからの時代、様々な災害に対する準備は必須ですよね。

災害が起こってから焦ってもしょうがない。

準備しておかなければならいものは多々ありますが、その中で最も重要な準備はなんだろうと考えた結論。

それは「」です。

食料やカセットコンロ、ランタンなど準備も必要ですが、何よりも水がなければ始まらないのでは。

今回は災害対策、つまり防災に必要な水について深堀りしたいと思います。

水がなければ生きていけない

人間は水がなければ生きていけない。

それは承知の通り。

飲料水は絶対に、確保しておかなければなりません。

もちろん食料も大事。

ですが例えばカップラーメンを、非常食として保存しておくとします。

そこで最も必要なものは?

そう、水です。

米を災害用に備蓄しておくとします。

ご飯を炊くことに必要なものは?

水。

熱を加えるガスコンロ的なものも必要ですが、水がなければ始まらないですよね。

そして水が必要なことは、飲食だけではありません。

そう、トイレです。

トイレを流す水が必要なんです。

衛生管理上、トイレは絶対に流さなければならない。

流さなけれれば、どうなるかはわかりますよね・・・。

マンションは電気が止まると水も止まる

忘れがちな落とし穴。

マンションは電気が止まると、水も止まってしまうんです。

マンションでは電気の力で水をポンプで屋上まで組み上げ、各階、各部屋に供給しています。

つまり電気が止まるとポンプが稼働出来ない。

ポンプが稼働出来ない=水が供給出来ないってことです。

昨年の武蔵小杉のタワーマンションでは、地下の電気系統に浸水して電気が止まってしまいました。

電気と水の2大ライフラインがストップしてしまったのです。

水道が止まったらどうします?

水を外から運んでくるしかないですよね。

しかしエレベーターは止まっています・・・・。

水の確保が大事だと言いたいことは、そういうことなんです。

一軒家でも当然大事です

しかしマンション住まいの方が、より水は深刻な問題なのです。

水の確保量はどのくらい必要なのか

水を確保しておくといっても、限界がありますよね。

どの程度の水を確保しておく必要があるのか。

確保量が大いに越したことはないですが、最低限どれくらい必要なのか。

最低限の必要な水の量は、一人1日に3リットル×3日間で9リットル。

(3リットルには食事用の水も含まれます。)

3人家族では27リットル。

4人家族では36リットルです。

災害から72時間は人命救助が優先とされます。

つまり3日間。

さらに、トイレや洗濯など生活用水も一人あたり3リットルの確保必要と言われいます。

飲食用+生活用水で考えると一人あたり、1日6リットルです。

3日間で18リットルですね。

飲料水を確保、保管しておく最善の方法

ウォーターサーバーを活用する方法

水にも賞味期限がありますので、常に新鮮な水の準備が必要となります。

しかしいつ発生するかわからない災害に対して、水の鮮度管理なんてストレスがたまるだけです(汗)。

そこで、必然的に鮮度管理ができる方法があります。

鮮度管理ができるというより、する必要がない方法。

ウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーの水って、定期的に運ばれてくることが一般的。

常にサーバー用の水をストックしておけばいいんです。

そして古い順に使っていく。

常に使用しているので、常に新しい水が確保できていることになります。

我が家でもこの方法で水を確保してます。

12リットルのタンク×3個以上を常時保管。

12×3=36リットル。

ウチは4人家族ですので、最低ラインを飲料水をキープです。

別記事でウォーターサーバーのレビュー記事を書いてますのでよろしければ。

停電でも使用できるウォーターサーバーを選ぶこと

いろいろなウォーターサーバーがあると思いますが、災害用に考えるとタンクを上にセットして自重式、つまり水の重さ(重力)で使用できるものです。

下にセットして組み上げる方式のウォーターサーバーもありますが、組み上げるのに電気が必要となります。

つまり、電気が止まれば使用できない。

水を持ち上げるのは大変かもしれませんが、自重式を選んでください。

自重式ならば電気が止まっても使用できます。

ウォーターサーバーを選ぶときは、停電でも使用可能かチェックしましょう。

ペットボトルで保管する方法

ペットボトルで販売されている水に、「非常用で賞味期限の長い水」もあります。

保存水と呼ばれる水。

通常の水と何が違うのかというと、高熱殺菌処理+ペットボトル容器の違いです。

(高熱殺菌処理をしない保存水もあります。)

殺菌処理は効果があることはわかりますよね。

ペットボトルの違いは、簡単に言えばペットボトル容器が厚く、保存用になっているってこと。

封を開けなければ、3年〜5年の保存が可能です。

10年以上、飲料水として保存可能な保存水もあります。

おすすめ保存水をピックアップ

いつ発生するかわからない災害対策ですので、賞味期限を極力気にしたくありませんよね。

そうなるとおすすめは、安全で長期保存の水かなと。

各メーカーから保存水が販売されていますが、僕チョイスではこちら。

15年の賞味期限。

しかもこの水は、G8首脳会談に提供された実績もある保存水。

安心、安全で長期保存可能な水です。

生活用水の確保方法

お風呂の水

お風呂で使用した水はすぐに捨てずに、とっておきましょう。

お風呂の水を貯めておけば150リットルあたりが確保できます。

食器を洗ったりはできませんが、トイレ用にはもってこいの備蓄です。

ウォーターサーバー+ペットボトルで大量確保

我が家ではこの方法。

ウォーターサーバーで飲料水を確保し、保険で保存水を確保しておく方法です。

そして保存水は生活用水にも使用予定。

最良の備蓄はウォーターサーバー+保存水+お風呂の水ってことになりますがね。

最後に

地震はいつ発生するかわかりません。

10分後かもしれませんし、10年後かもしれません。

台風などの水害は事前に予想可能とはいえ、直前にわかってもどうしようもないですよね。

やはり防災は、絶対に必要なことです。

今回の記事が、みなさんの参考になれば幸いです。

しっかり準備して、自分や大切な家族を守りましょう。

最新情報をチェックしよう!