鏡を除く猫 画像

ダイエットの効果を判断する方法は体重計ではなく全身鏡です

鏡を除く猫 画像

食べ過ぎ、飲みすぎ、運動不足。

気がつくと、いつのまにか太ってしまっている・・・。

なんでこんなに、太るのは簡単なのか・・・。

いずれにせよ、太ったら痩せなければなりません。

対策は、当然ダイエットすることになります。

ダイエットするならば、頑張って結果を出したい。

目に見えてわかる頑張った効果、ですね。

普通ダイエットが成功した結果の判断って、何でしますか?

体重計で判断していますよね。

でも、ちょっと待ってください。

そもそもダイエットの目的って、何でしょうか?

体重が減れば、それでいいのでしょうか?

体型がさほど変わってなくても、体重が軽くればいいんですか?

もちろん、健康のために減量するダイエットも理由の一つでしょう。

でも、1番の理由って

見た目の問題ですよね。

私は「ダイエットの成果は体重ではない」と考えています。

見た目がみっともない体型だったら、体重が減っても意味がないからです。

ダイエットの結果は体重でなく、見た目。

となれば、結果の判断方法は体重計ではなく、全身鏡の判断。

という話しを深堀りしていきます。

ダイエットをする根本的な理由

まずダイエットをする目的を、考えてみましょう。

そもそもなぜ、ダイエットをしなければならないか。

それは

太っているから。

もしくは太ったから。

ですよね。

基本的には、体型改善のためです。

要は見た目の問題、ですよね。

カッコいい体型、スマートな体型になるためのダイエットですよね。

医師から痩せうように言われて、しょうがなくダイエットする人もいるでしょうけど。

つまりダイエットの目的は

体重を減らすことが目的ではなく、理想の見た目になるため

ではないでしょうか。

人それぞれ、身長や骨格が違います。

平均体重は、あくまで平均値です。

自分にあったカッコいい体型は、自分の骨格などを考慮して判断すべき。

体重の軽い、重いは、何の意味もなさないことです。

不健康な体型で体重が軽くて、意味があるでしょうか?

筋肉が細いだけで体重が軽くて、意味があるでしょうか?

体重が軽ければいいって考え方は、浅はかだと思いませんか?

体重計に乗ってはいけない理由

ダイエットって、大枠はやること決まってますよね。

基本的には

  1. 運動(筋力トレーニング、有酸素運動)
  2. 食事制限

この2つです。

運動と食事制限を続ければ、間違いなく効果が表れるでしょう。

まずは筋力をつけて、代謝を増やすことが大事。

バランス良く食事をとって、運動を続けることです。

ここで一つ、理解しておくべき事があります。

それは

筋肉は脂肪より重い、ってこと。

筋力がアップすれば、その分の体重は増えるのです。

頑張って運動しているのに、体重が変わらないってことありませんか?

脂肪が減っているけど、筋肉の重さが増えているからです。

それは体重計で、ダイエットの効果を判断しているため。

そうなると頑張っても努力が報われないと思ってしまい、ダイエットを継続できません。

本当は、理想の体型に近づく効果が出ているのに。

ダイエットは、続けてこそ意味があります。

モチベーションを保ってこそ、ダイエットは続きます。

体重計を目安にすると、ダイエットが続かないのです。

ダイエットの効果は全身鏡で判断すべし

では体重計で効果を判断する以外に、何で効果を判断するのか。

簡単なことです。

そもそもダイエットの目的って、何でしたっけ?

見た目の問題ですよね。

カッコいい体型やキレイな体型、スマートな体型になるため。

理想の体型になるためです。

ダイエットの効果を判断する方法は、実際の見た目で判断することが正解。

効果の判断に、必要なアイテム。

それは

全身鏡。

鏡です。

鏡に映った自分の体型が、理想に近づいたか。

それが、ダイエットの結果なんです。

ボディビルダーは、体重計に乗りません。

だって体重が減ったからって、見た目が美しくなければ何も意味がないんですから。

いかに理想の体型に近づいたか。

いかに理想の体型をキープできるか。

焦点はここなのです。

まとめ、結論

まとめの文字と矢印 画像

体重なんて、ただの数字でしかないんです。

体重が軽くなっても、筋肉がなければ健康体ではありません。

筋肉がなければ基礎代謝が落ちて、太りやすい体質になることも理解しておかなければなりません。

細過ぎてもよくないし、もちろん太り過ぎてもダメ。

判断基準は

見た目の体型がカッコいいか、美しいか。

健康的でカッコいい、美しい体型が、理想ですよね。

見た目の問題です。

体重計を買うなら、全身鏡を買うべき。

ダイエットの効果は重量でなく、自分の目で判断すべきなのです。

スポンサーリンク