腹筋が割れている女性 画像

体重計はいらない!ダイエットの成果は鏡に映った見た目で判断すべき。その理由とは

腹筋が割れている女性 画像

ついつい食べ過ぎてしまったり、運動不足であったり。

気がつくと、いつのまにか太ってしまっていませんか?

悲しいかな、これが現実ですよね。

太ってしまったら、どうするか。

当然ダイエットです。

ダイエットするならば、結果がでなければ意味がありません。

目に見えてわかる、頑張った成果。

ダイエットの成果って、何で判断しますか?

体重計で判断しますよね。

でも、ちょっと待ってください。

そもそもダイエットの目的とは、何なのでしょうか?

体重が減れば結果が出た、でいいのでしょうか?

体型が変わってなくても、体重が軽くればOK?

何のなめにダイエットをするのか、考えてみてください。

【ダイエットの目的は見た目のカッコよさ、美しさ】ではないですか?

ダイエットの成果は、体重の軽さではなく理想の体型になることでしょう。

では、結果は何で判断すべきなのか。

その答えは、全身鏡です。

ダイエットの成果を判断する最適な方法が、体重計でなく鏡である理由を説明します。

何のためにダイエットを頑張るのか?【見た目の改善】ですよね?

ダンベルでダイエットをする女性 画像

まずダイエットをする目的を、整理してみましょう。

そもそも、なぜダイエットをしなければならないか。

太った体型が、みっともないからですよね。

体型改善のために、ダイエットをするのではないでしょうか。

要は見た目の問題です。

引き締まった美しく、スマートな体型になるためのダイエットですよね。

本来の目的は体重を減らすことではなく、【理想の見た目になるため】です。

身長や骨格は、十人十色。

平均体重なんて、ただの平均値です。

体重の重さは、何の意味もないただの数字です。

不健康な体型で、体重だけが軽くて意味があるでしょうか?

筋肉が細いだけで、体重が軽くて意味があるでしょうか?

ダイエットの効果はいくら体重が軽くても、見た目が変わらなければ何の意味もないのです。

体重計でダイエットの効果を判断してはいけない理由とは

体重計に乗る足を写した画像 

ダイエットって、基本的にやることが決まってますよね。

  1. 運動(筋力トレーニングや有酸素運動)
  2. 食事制限

この2つです。

運動と食事制限を続けることが、事実上のダイエットとなります。

太りにくい食事をとって、運動を続けること。

筋力をつけて、代謝を増やすことがリバウンドしない秘訣です。

筋肉があってこそ、引き締まった美しい体となります。

ここで一つ、理解しておくべきことがあります。

筋肉は脂肪より重い、ってこと。

筋肉は脂肪よりも、密度が高いためです。

筋力がアップすれば、脂肪が減っても体重が増えるのこともあるのです。

頑張って運動しているのに、体重が変わらないってことありませんか?

それは脂肪は減っているけど、筋肉の重さが増えているから。

体重計でダイエットの効果を判断しているため、頑張っても努力が報われないと思ってしまう。

そうなると、ダイエットが続かずに辞めてしまう。

本当は、理想の体型に近づく効果が出ているのに。

ダイエットは、続けてこそ意味があります。

モチベーションを保ってこそ、ダイエットは続きます。

体重計を目安にすると、ダイエットが続かないのです。

ダイエットを継続するためにも、体重計は不要なのです。

関連記事

ダイエットや筋力アップのために筋トレを始めるも、続かず挫折してしまう・・・。そんな方も、多いのではないでしょうか。落ち込む必要はありません。続かないことが、当たり前なのですから。別にやらなくてもいいツライ筋[…]

スピーカーの絵 画像

ダイエットの効果は全身鏡で判断すべし!

鏡に映った自分を見つめる猫 画像

では体重計以外で、ダイエットの効果をどうやって判断するのか。

簡単なことです。

そもそもダイエットの目的って、何でしたっけ?

見た目の問題ですよね。

カッコいい体型や美しい体型、スマートな体型になるためです。

自分の理想とする体型になるためです。

ダイエットの効果を判断する方法は、実際の見た目で判断すること。

必要なアイテムとは。

全身鏡です。

鏡ですね。

鏡に映った自分の体型が、理想に近づいたか。

その理想が、ダイエットのゴールなのです。

ボディビルダーは、体重計に乗らないって知ってましたか?

体重が減ったからって、見た目が美しくなければ何も意味がないからです。

いかに理想の体型に近づいたか。

いかに理想の体型をキープできるか。

焦点は、ここです。

重さでなく、見た目がすべてなのです。

まとめ

体重の数値なんて、はっきり言って意味がないこと。

ボクサーじゃあるまいし。

体重なんて、ただの数字でしかありません。

体重が軽くなっても引き締まった美しい体でなければ、ダイエットが成功したとは言えません。

筋肉がなければ、基礎代謝が落ちます。

基礎代謝が落ちると太りやすい体質のため、痩せてもリバウンドします。

代謝のついては別記事で紹介しています。

関連記事

二十歳を超えてから倍以上の月日が流れた、40代のサラリーマンブロガーです。もともと痩せ型の体質で、若い頃はどうやったって太りませんでした。太りたくても太れなかった。それが30代を経て40台になり、どうしたことか。[…]

スピーカーの絵 画像

細過ぎてもよくないし、もちろん太り過ぎてもダメ。

筋肉のある引き締まったボディが一番。

判断基準は【見た目の体型がカッコいいか、美しいか】です。

ダイエットのゴールは、見た目が自分の理想通りになることです。

ダイエットの結果を知るためには、体重計でなく全身鏡を買うべきなのです。

自分の目で、成果を判断すべきなのです。